直葬・家族葬・小さな葬儀を専門とする「絆の会」は、余計なお金を掛けないお葬式を推進するNPO法人です

  • A
  • A
  • 文字サイズ

特定非営利法人 絆の会

0120-37-5564


トップページ > NPO法人としての4つのこだわり


絆の会  NPO法人としての「葬儀」へのこだわり

家族葬・密葬・直葬に特化している理由

「絆の会」では、ご葬儀とは大切な家族との最後のお別れの時間だと考えています。 ですから、会葬者の多いご葬儀や派手な葬儀、多額の費用の掛かる葬儀は、他の葬儀社が行えばよいと考えています。 「絆の会」は、あくまでも家族を中心とした心を感じる事のできる小規模葬儀にこだわっています。

定額の葬儀代金にこだわる理由

  • とにかく葬儀金額が不明瞭で判りにくい。
  • 互助会に入ってるのに多額の追加費用を請求された。
  • 悲しみの中、金額の交渉にウンザリした。

このようなお話をよく耳にします。 そんなトラブルを解消するため「絆の会」は定額料金に徹底してこだわりました。

公営斎場にこだわる理由

私たち「絆の会」は本来、ご葬儀は自宅で行われるべきと考えています。しかし、住宅事情やご近所に掛かる負担を考えると葬儀式場でのご葬儀も必要だと思いますが、過度にきらびやかな設備や演出にこだわった葬儀式場には疑問を感じています。

そこで、それぞれの市区町村が費用負担をして建設された公営斎場の使用をお勧めしています。お住まいの地域によって公営斎場の有無や使用方法が異なりますので詳しくは以下資料をご参照下さい。
<参考資料>主な式場の使用料及び火葬料一覧(pdf)

葬儀社には出来ない理由

葬儀社は基本的に営利を追及する企業です。したがって、より高額な葬儀を勧めたり、各物品のグレードアップを勧めて、より利益を追求する事は当然の事です。どうしても価格の安い家族葬などの小さな葬儀を軽視する傾向にあります。

しかし、命に差があるでしょうか? 私たち「絆の会」では葬儀費用を一種類しか設定しません。それは、人の死に携わる者として金銭によって価値が変わる葬儀があってはならないと考えているからです。
※全ての葬儀社に当てはまるものではございません。