直葬・家族葬・小さな葬儀を専門とする「絆の会」は、余計なお金を掛けないお葬式を推進するNPO法人です

  • A
  • A
  • 文字サイズ

特定非営利法人 絆の会

0120-37-5564


絆の会とは

「絆の会」は、大切な家族を亡くされた方のサポート活動を中心に、余計なお金を掛けない葬儀・お葬式を推進し、 残されたご家族の喪失感を癒す「グリーフケア」に取り組むため、2008年03月31日に千葉県知事より認証を受けた特定非営利活動法人(NPO法人)です。

無駄な費用を省いた小さな葬儀プランをご用意致しました。

グリーフケアについて

絆の会では、大切な家族を亡くし心に大きな喪失感を持ってしまったご遺族の心のケア= 「グリーフケア」活動に取り組んでおります。

大切な家族を亡くし、心に大きな喪失感を持ってしまう事をグリーフと言います。そしてそのグリーフ状態から立ち直ることができなくなった人をケアし、喪失感を緩和させようというのが「グリーフケア」です。

絆の会」は家族葬や直葬(火葬式)を施行して終わりではなく、ご葬儀後に深い悲しみや喪失感などグリーフ状態に陥っている方を少しでも、少しずつでもケアしていきたいと考え、グリーフケア活動を行っています。

絆の会では定期的なグリーフに関する講演を行っています。 開催予定につきましては、当ホームページ上にてお知らせ致します。

また絆の会では、麗澤大学名誉教授 水野治太郎先生のもと「生と死を考える会」が主催する、別途の窓口でのカウンセリングもご案内しております。グリーフケア カウンセリング窓口はこちら

特定非営利活動(NPO)法人とは、各都道府県によって認証された特定非営利活動法人とは営利活動を目的としない法人の事です。
「絆の会」の活動は多くの負担を求められる葬儀金額の明確化と葬儀費用の負担軽減にあります。
大切な家族の旅立ち、大切な家族の葬儀だからこそ料金の明確化と負担の軽減が必要なのだと考えています。